働くあなたへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 増税考察

<<   作成日時 : 2012/06/28 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

大阪府の泉佐野市がペット税の導入について検討しているそうです。
早くて2年以内の導入を目指す考えだそうで、(ちなみに過去にも地方公共団体によっては犬税は存在していました。一匹300円程度だったそうです。)

増税の話で盛り上がる中、愛犬家愛猫家の方々には頭の痛い話かもしれませんね。

さてさて、本格的な増税が議論され、6月に入り、すでに住民税の増税のお知らせを受けた方も多いのではないでしょうか。



所得税、住民税も実質増税。
子ども手当の代わりに廃止された16歳未満の扶養控除。
また子ども手当の廃止と児童手当の復活(所得制限付き!)

ここに消費税の増税も加わり、家計へのダメージは計り知れませんね。



たかが3パーセント増の8パーセントの消費税。平成26年度4月1日から。
平成27年10月からは10パーセントの消費税へ。



しかし、家や車単位で考えるとかなりの出費になります。
ある試算では年収500万の家庭では消費税だけで7万から11万の増税につながるとの試算(第一生命経済研究所)が出ており、
さらに所得税には復興財源としての2.1%分上乗せ。
年少扶養控除の廃止と子ども手当(児童手当)の減少による子育て家庭の負担増。
厚生年金は2016年から29年まで毎年引き上げ。

これらも試算に加えると年収500万の家庭で年間32万8900円の負担増となる(大和総研)



年収別にみてみると、40代夫妻と2人の子供がいる一般家庭であれば、

300万円―消費税10万7000円負担増+年少扶養控除廃止6万6000円+子ども手当減少5万4000円+厚生年金保険料増加2万6000円=24万9000円

500万円―消費税16万7000円負担増+扶養控除と子ども手当分は同じ+厚生年金4万4000円=32万9000円

800万円―消費税24万9000円負担増+扶養控除と子ども手当分は同じ+厚生年金7万円=43万1000円



これが年間の増税分になります。



また、今後も増税が検討or導入が予定されているものを一覧にしてみます。

2012年
 4月…児童手当に所得制限
     復興付加税
 6月…扶養控除廃止による住民税増加
 10月…地球温暖化対策税←CO2の排出量に応じて課税
2013年
 1月…所得税増税←給与所得控除に上限
     住民税増税←退職金への優遇廃止
     25年間所得税に2.1%復興増税
2014年
 4月…消費税8%へ
 6月…住民税増税←年1000円を復興増税
2015年
 10月…消費税10%へ



おそらく駆け込み需要で一時的な景気向上はきたとしても、

長期的には買い控えに市場は動き、停滞することが素人にも分かります。

増税に慣れるまではしばらく需要が下がり、

景気の減退は免れないという専門家の意見がありましたが、私もそう思います。

というより、誰しも分かるのではないでしょうか。




ここを見ているみなさんは節税に興味がある方々、

おそらくこうしたことを普段から考えてる方だと思います。



日本の景気は長い間不況のままです。

一時的な増加はあっても好況というものはしばらくありません。

リーマンショック以前は輸出産業が好調でトヨタが世界一になったこともありましたが、

円高が続く今、国内でつくったものを海外へ持っていくだけでお金がかかり、ただでさえ高い日本製品が価格競争で負けている現状があります。

リーマンショック以降は…もう言うまでもありませんね。



そんなとき起こった東北大地震。

復興増税が25年もある時点で復興がなかなか進んでないのがうかがえますね。

復興という名であいまい化させているので、正直なところ国民からすればどこにお金が使われているかも不安ですよね。

これで東電に使われていたら腹が立ちますね。



そりゃ電気もたしかに使っていますけど・・・
なんか納得いかないなぁ・・・



さて、暗い話から始まりました。

鋭い方なら気づいた方もいるかもしれません。

節税の話をしているのに、すごく気になる文字を見てしまった・・・。



えぇ、そうです。

前回詳しくお話しした給与所得控除に上限がつけられました。

しかしご安心ください。

年収1500万以上の方と会社役員給与をもらっている方にだけの上限です。


しかしこれからも高福祉(というか他国から見ると異常なまでに)で高負担にしていく構図がみえます。

あの野党である自民党ですら、素知らぬ顔で増税に賛成してます。

民主党も自民党ももう少し国民側、低所得者側、労働者側の視点をもってほしいですよね。

マニュフェストも公約もあってないようなもの。



政党、政治は信用せずに!

貯蓄や節税でやりくりして自分の老後を考えていかないと、最悪年金がもらえないなんてことにもなりかねません。

みなさんも政治に興味をもって(なくすようなことばかりですが)

投票しましょう(といっても手のひらかえすやつばかり)

私たちは主権者だから(主権者なのに虐げられる)

政治を間接的に決める権利がある(そのつもりで投票しても結局裏切られる)



これならいっそのこと政党制やめて、直接投票にしちゃえば?

民度が低いといっても、それは上にも責任あるのでは?



選挙に数百万以上必要だとか、そんなんだからアホぼんくら二世どもしかいない世界が出来上がる。

貧乏人でも日本を本気で考えてる人を政治家にすべきなのは誰の目にも明らか。



と、ここで意見をのたまっていてもだめですね。

みなさまも考えてみてくださいね。



すべての日本人のための 日本一やさしくて使える税金の本 (ディスカヴァー携書)
ディスカヴァー・トゥエンティワン
久保 憂希也

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by すべての日本人のための 日本一やさしくて使える税金の本 (ディスカヴァー携書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



節税テクニックその1へ。


節税テクニックその2(所得税編)へ。


節税テクニックその3(その他の税金編)へ。

増税考察の記事へ。

トップへ。



所得税0で消費税「増税」が止まる世界では常識の経済学 講談社+Α新書 / 相沢幸悦 【新書】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル文芸フォーマット新書出版社講談社発売日2011年05月ISBN9784062727

楽天市場 by 所得税0で消費税「増税」が止まる世界では常識の経済学 講談社+Α新書 / 相沢幸悦 【新書】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
節税対策テクニック集@
こんばんは。 今日もおつとめご苦労様です。 ...続きを見る
働くあなたへ
2012/07/15 00:33
節税テクニック集A所得税
本日もお勤めお疲れ様です。 ...続きを見る
働くあなたへ
2012/07/15 00:34
増税考察
大阪府の泉佐野市がペット税の導入について検討しているそうです。 早くて2年以内の導入を目指す考えだそうで、(ちなみに過去にも地方公共団体によっては犬税は存在していました。一匹300円程度だったそうです。) ...続きを見る
働くあなたへ
2012/07/15 00:37
節税対策Bその他の節税
おはようございます!! ...続きを見る
働くあなたへ
2012/07/15 00:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
増税考察 働くあなたへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる